本ページにはプロモーションが含まれています

サロン物件の探し方と注意すること

サロン物件

サロン用の物件を探すときの注意点として、
居住用のマンションではダメ
なことが大きいでしす。

でもきっと皆さまも、居住用マンションにしか見えないサロンにお客様として行ったことは、ありますよね・・・・。

居住用のマンションでいいなら、物件はたくさんあるように思いますが、そういうところで営業しようとするのは大変です。

居住用マンションでエステや整体をすると・・・
  • 管理人さんにバレてしまい、退去になる
  • 隣人にバレてしまい、退去になる
  • お客様にもコソコソとしてもらう、堂々といらっしゃいませ、などは禁句
  • 郵便ポストや表札は個人名しか出せない

  • 施術用品の運び込みにも気を遣う
  • オートロックで施術中でも次のお客様を対応する必要がある
  • ラベル
    住所が公表できないので広告活動に支障が出る

とにかく、ずっとコソコソしている必要があります。

でも、居住用マンションに見えて、実はエステや整体、マッサージができるところもあります。

いったい何が違うのでしょう?

重要なのは、そのマンションの使い方の決まりです

マンションには、分譲マンションと賃貸マンションがあります。

  • 分譲マンションは、それぞれのお部屋の所有者が違い、使っている材料もグレードの高いものが多く、ファミリータイプのお部屋も多いです。管理組合があって、管理規約が決められています。
  • 賃貸マンションは、建物まるごとをオーナーが所有していて、ルールもそのオーナーが決めています。

分譲マンションであれば、管理規約や使用細則に、使い方が書いてありますので、そこを確認しましょう。

管理規約の変更は理事会の承認などが必要になり、まず簡単に変更できないので、管理規約はとても重要です。

管理規約は大丈夫でも、お部屋の所有者のオーナーが承諾しないケースもあります!

居室のみ、や事務所のみ、となっていると、店舗であるサロン、マッサージ店はNGです。
でも実は理事会がOKすれば大丈夫なケースもあったりします。

管理規約がとにかく重要です。
でも管理会社がそれを把握していない場合もあるので要注意です。

分譲マンションは、一人一人所有者が違うので、そのお部屋の募集をしている不動産会社がみんなちがったりします。
そうすると、管理規約のことまでよくわからなかたり、把握できていないこともあります。

賃貸マンションであれば、一人(複数人や法人の場合もあります)の所有者が決めるので、所有者の承諾が得られるのであれば、大丈夫です。

でも、建物を購入したり、建築したりするときに銀行からの融資条件に居住用の建物に対して融資を受けていると他の用途には使えなかったりします。

いずれにしても、契約してしまってから気づいては遅いので、本当にそこで自分のやりたいことが正々堂々営業できるのか、きちんと確認しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました